新潟から世界を捉え、21世紀の美術を考える
大地の芸術祭公式WEBマガジン

特集 / 2021新作作家インタビュー映像

越後妻有のサイトスペシフィックな作家たち interviewed by 北川フラム

インタビュアー 北川フラム

来夏に延期となった「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の新作が、この夏から先行公開中。リニューアルした MonET、農舞台に加え、上郷クローブ座やかたくりの宿などにも新作が登場した。それにあわせて、作家と北川フラムの対談や制作風景を記録した映像シリーズをスタート。映像は随時追加公開予定。

撮影・編集:山岡信貴(映画監督)、企画・編集:アートフロントギャラリー

06 August 2021

Vol.1 名和晃平

「Force」(越後妻有里山現代美術館 MonET)Photo Kioku Keizo

越後妻有里山現代美術館 MonETの新作のひとつ。黒いシリコーンオイルの液体が多数の糸状となって天井から床に常時落下する。シリコーンオイルは重力に従って天地垂直に流れ続け、床に黒い池を形成する。時間と空間と物質のはざまに鑑賞者の視点が置かれ、視覚化された重力の様態を見ることができるインスタレーション作品。

プロフィール

名和晃平

彫刻家/Sandwich Inc.主宰/京都芸術大学教授。1975年生まれ、京都を拠点に活動。2009年「Sandwich」創設。感覚に接続するインターフェイスとして、彫刻の「表皮」に着目し、セル(細胞・粒)という概念を機軸として、2002年に情報化時代を象徴する「PixCell」を発表。生命と宇宙、感性とテクノロジーの関係をテーマに、泡そのものが巨大なボリュームに成長する「Foam」など、彫刻の定義を柔軟に解釈し、鑑賞者に素材の物性がひらかれてくるような知覚体験を生み出してきた。近年では、アートパビリオン「洸庭」など、建築のプロジェクトも手がける。2015年以降、ベルギーの振付家/ダンサーのダミアン・ジャレとの協働によるパフォーマンス作品「VESSEL」を国内外で公演中。2018年にフランス・ルーヴル美術館 ピラミッド内にて彫刻作品“Throne” を特別展示。

Vol.2 目

「movements」(越後妻有里山現代美術館 MonET)Photo Kioku Keizo

無数の小さな時計をムクドリの群れのように配置したインスタレーション作品。ムクドリの群れは、個々の意志によって自由に飛んでいながら、全体として1つの意志が存在しているようだ。個々の時計固有の意味と、ひたすらに回る運動としての全体。それらは、観る者の視点によって連動する。意味と無意味、主体と客体、個と公、それら両極の間の世界が、里山現代美術館に存在する。

プロフィール

アーティスト 荒神明香、ディレクター 南川憲二、インストーラー 増井宏文を中心とする現代アートチーム。個々の技術や適性を活かすチーム・クリエイションのもと、特定の手法やジャンルにこだわらず展示空間や観客を含めた状況/導線を重視し、果てしなく不確かな現実世界を私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開している。代表作に、個展「たよりない現実、この世界の在りか」(資生堂ギャラリー、2014)、《おじさんの顔が空に浮かぶ日》(宇都宮美術館 館外プロジェクト2013‐14)《Elemental Detection》(さいたまトリエンナーレ2016)、《repetitive odjects》(大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018)、《景体》(六本木クロッシング展:つないでみる、森美術館、2019)、個展「非常にはっきりとわからない」(千葉市美術館、2019)、などがある。第28回(2017年度)タカシマヤ文化基金タカシマヤ美術賞、VOCA展2019佳作賞受賞。

Vol.3 ニコラ・ダロ

「エアリエル」(越後妻有里山現代美術館 MonET)Photo Kioku Keizo

シェイクスピアの戯曲「テンペスト」に登場する“エアリエル(嵐を起こしたり幻覚を見せたりする大気の精)”などからインスピレーションを受け制作。パラシュート布で作られた2つの吊り人形が機械仕掛けで動き、台座の上のドラムセクションがリズムを奏でる。エアー・アクチュエータが空気を送り気まぐれな風が吹くことで、予想もしない情景が目の前に広がる。

プロフィール

ニコラ・ダロ

フランス

1972年フランス、ル・アーヴル生まれ、現在はパリを拠点に活動。彫刻、インスタレーション、自動で動くオブジェ等、幅広く制作している。科学、歴史、神話、文学などを参照し、科学者と制作することもある。

編集
ART FRONT GALLERY
アソビュー!
CINRA
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。