空間絵本 いきもの観察隊!

開催概要

新しく生まれ変わったビオトープの生き物と触れ合っちゃおう!今回も、ビオトープ研究家のKOKOPELLI+(ココペリプラス)の寺田浩之氏をお迎えし生き物の実態にせまります。生き物を観察したあとは、お気に入りの生き物の絵を描きます。ほっこり、自然と生き物に触れ合えるワークショップになります。
講師:寺田浩之
東京都江東区にて生まれ。大学の環境生態学では希少魚類生息地の保全や管理を研究。自然環境調査会社、理科実験教室講師兼教室長、自然公園指定管理者NPO職員を経て独立し、KOKOPELLI+(ココペリプラス)を設立。

田島征三

1940年 大阪府生まれ。幼少期を高知県で過ごす。1969年 『ちからたろう』にて第2回BIB世界絵本原画展金のりんご賞。その他受賞多数。2012年 第5回越後妻有アートトリエンナーレ「どうらくオルガンちちんぷいぷい」作品出品。2013年 香川県大島で、ハンセン病の元患者の療養所にて「空間詩・青空水族館」作品出品。

開催概要

日時 2019年5月12日(日)13:00〜16:00
場所

絵本と木の実の美術館
(新潟県十日町市真田甲2310-1)

料金 500円(大人のみ)、小中学生無料
備考

持ち物 帽子、汚れてもいい服、着替え、長靴、水筒

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。