《最後の教室》の運営に関わる地元のお年寄りたちは、訪れる人たちにボルタンスキーの代弁者のように、その作品の意図を説明し、大切に作品を守り続けています。
《最後の教室》の運営に関わる地元のお年寄りたちは、訪れる人たちにボルタンスキーの代弁者のように、その作品の意図を説明し、大切に作品を守り続けています。
クリスチャン・ボルタンスキー

イベント

越後妻有を巡る

行く

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。