清津峡渓谷トンネル  入坑者数50万人達成

2020/4/3

お問い合わせ窓口

2018年のリニューアル後の入坑者数が50万人に。
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」でリニューアルオープンした清津峡渓谷トンネル。
リニューアル後、わずか2年間で入坑者数が50万人に達しました。
2020年3月29日(日)、記念すべき50万人の入坑者として関西方面から旅行で訪問した女性3名に、十日町市長より清津峡渓谷トンネルのオリジナル手拭いが入った記念品が贈られました。

該当した女性は、SNSで写真を見て行ってみたいと思ったそうです。当日は雪が降っていて、トンネルからの絶景に感激し、親も連れてまた訪れたいと話したそうです。
清津峡渓谷トンネルは、中国出身の建築家、マ・ヤンソン/MADアーキテクツによってリニューアルされ、最奥のパノラマステーションでは、水面を鏡にした空間が話題を呼び、「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2018」でのオープン後、世界中から来訪者が訪れています。

2020年3月31日のパノラマステーションの様子

作品「Tunnel of Light」(清津峡渓谷トンネル)の詳細はこちら

トップの写真のみ:Photo by Osamu Nakamura

お問い合わせ窓口

「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。