まだ間に合う! ふるさと納税でまつだい棚田バンク会員に

2021/11/27

お問い合わせ窓口

一緒に日本一の棚田を守りませんか?

まつだい棚田バンクは「大地の芸術祭」が取り組むプロジェクトの一つです。新潟県十日町市松代(まつだい)は、星峠の棚田をはじめとした、日本有数の棚田が広がる地域です。まつだい棚田バンクは、担い手のいなくなった田んぼをできる限り多く引き受け耕作しながら、芸術祭が養ったネットワークを生かして、里親(棚田バンクオーナー)や地元住民、アーティスト企業や学生など、多種多様な人々とともに、都市と地域の交流を広げる活動を行っています。

【まつだい棚田バンクの仕組み】ーーーーーーーーーーー
・全国から「里親」さんを募集し、一定面積の棚田の里親に登録していただきます。秋、棚田バンクがお米を収穫したら、登録面積分の新米をお届けします。

・田植え(5月下旬~6月初旬)、草刈り(7月)、稲刈り(9月下旬~10月初旬)イベントにご参加いただけます。


2022年度里親募集中。ふるさと納税でも加入OK!

里親へのご登録は「ふるさと納税」もご利用いただけます。
12月31日までにふるさと納税を完了すると、2021年度の税金の控除・還付を受けられるだけでなく、寄附額に応じたお礼品として、2022年度のまつだい棚田バンクにご加入いただけます。来秋に新米をお届けいたしますので、この機会をお見逃しなく!

標準コース(42,000円税抜き) ※寄付金額154,000円のお礼品
保全面積150㎡/届くお米の目安 精米で約30㎏
・11月に20㎏、4月に残りを郵送でお送りします
・年3回の農作業イベントにご本人様+2名様参加費無料でご参加いただけます

​〇小口コース(12,000円税抜き) ※寄付金額44,000円のお礼品
保全面積30㎡/届くお米の目安 精米で約6㎏
・11月に郵送でお送りします
・年3回の農作業イベントにご本人様参加費無料でご参加いただけます

〇里親ミニコース ※寄付金額10,000円のお礼品
ふるさと納税に特化したコース。保全面積5㎡/届くお米 精米で2㎏
・11月に郵送でお送りします
・年3回の農作業イベントにご本人様参加費無料でご参加いただけます

※配当米の量は、その年取れるお米の量によって変動します(ミニコースは確定)
※農作業イベント時の食事代や備品レンタル代はコースに関わらず実費を都度いただきます
※2022年度は、2021年11月1日~2022年10月31日までのご入会で11月の配当米お届けとなります

各種お申し込みはこちら

ふるさと納税のお礼品として登録希望の方は「さとふる」または「ふるさとチョイス」から、通常の登録希望の方は「越後妻有オンラインショップ」からお申し込みいただけます。

【FC越後妻有】
越後妻有へ移住した女子サッカー選手が、棚田の担い手として就農し、農業を学びながらトップリーグを目指してプレーする農業実業団チーム「FC越後妻有」。まつだい棚田バンクの担い手として、午前中はトレーニング、午後は農業や芸術祭業務に携わっています。2015年7月より活動開始し昨年度は6人で活動していましたが、新メンバーが加わり現時点で11名になりました!

Photo by Nakamura Osamu、Yoneyama Noriko

お問い合わせ窓口

「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。