お得な「作品鑑賞パスポート」販売中!

2022/7/14

お問い合わせ窓口

1、概要

4月29日から開催中の「越後妻有大地の芸術祭 2022」。300以上ある各作品を鑑賞できるお得な「作品鑑賞パスポート」を販売中です。スタンプラリーや各種割引などの特典も受けられます。オンライン決済や現地施設等でご購入いただけますので、ぜひご利用ください。

  • 会期中でも、2022年7月29日までは「早期割」料金で販売します。
  • 作品鑑賞パスポートで3回まで入館できる作品があります。

【販売期間】
販売中~11月13日(日)

【有効期間】
2022年4 月29日(金祝)~11月13日(日) ※会期中有効

【料金】
早期割料金:一般3,500円/大学・高校・専門2,500円/中学生以下無料(~7/29)
通常料金 :一般4,500円/大学・高校・専門3,500円/中学生以下無料


2. 販売場所

【オンライン(引換券)
大地の芸術祭HP(予約サイト「アソビュー!」連携) ※引換はスマートフォン操作が必要です
e+(イープラス)

【オンライン(本券)
NEXCO東日本 ドラぷら
にいがた観光ナビ

【全国のコンビニエンスストア マルチメディア端末(引換券)
取扱コンビニ:セブン-イレブン、ローソン、ミニストップ、ファミリーマート(※ファミリーマートは地域・店舗によって利用できない期間あり)
商品番号:【早期割】3/25~7/29=0259712【通常料金】7/30~11/13=0259713
≫コンビニエンスストア マルチメディア端末 

【現地/県内/県外(本券)】
※以下のPDFにて記載(7/28現在)

※販売期間は施設・店舗によって異なる場合あり
「使っ得!にいがた県民割キャンペーン」の地域クーポン券は、地域クーポン利用可能店舗及び各案内所にて、作品鑑賞パスポート等の購入にも利用できます。ただし、以下施設は除きます。

→十日町市利雪親雪総合センター、土市駅、越後妻有清津倉庫美術館[SoKo]、「森の学校」キョロロ、越後妻有「上郷クローブ座」、道の駅 南魚沼 雪あかり(6/5現在)


3、引換方法

会期中、指定の引換場所(大地の芸術祭案内所)にてアソビュー確認画面(※スマートフォンでの操作が必要です)、または引換券を提示いただくことで本券とお引き換えいたします。

【引換場所】

①大地の芸術祭案内所
十日町市総合観光案内所(十日町駅西口2F内)/越後妻有里山現代美術館 MonET/十日町市利雪親雪総合センター/磯辺行久記念 越後妻有清津倉庫美術館[SoKo]/清津峡渓谷トンネル/松代・松之山温泉観光案内所(まつだい駅内)/まつだい「農舞台」案内所(1Fピロティ)/松之山温泉(湯治BAR/里山ビジターセンター内)/苗場酒造敷地内案内所/広域観光情報センター(越後湯沢駅内)/道の駅 南魚沼 雪あかり(今泉記念館内)

②作品受付 ※場所が限られておりますので注意ください
うぶすなの家/絵本と木の実の美術館/Kiss&Goodbye(土市駅)/奴奈川キャンパス(7/30-11/13)/最後の教室(7/30-11/13)/越後松之山「森の学校」キョロロ/越後妻有「上郷クローブ座」

※引換期間:2022年4月29日(金祝)~2022年11月13日(日)
※オンライン決済をされた方は、アソビュー!からのメールが届くよう迷惑フィルターの解除をお願いします
※アソビュー経由でご購入された場合、引換にはスマートフォンでの操作が必要になります


4、利用条件・特典など

・パスポートの提示で越後妻有地域のお店で利用できる割引、サービスの特典あり
・清津峡渓谷トンネル(要予約期間あり)、北越急行ほくほく線内作品、イベント作品はパスポート提示で割引あり
・2回目以降の利用はパスポート提示で半額
※ただし、以下の施設は3回まで入館可(4回目以降パスポート提示で半額)
※パスポートでのご入場の場合、1回受付を通られたら1カウントとし、同日の再入場であっても2回目となりますので、個別鑑賞券の半額が必要となります。

<3回まで入場可能な施設/作品>
・越後妻有里山現代美術館 MonET
・鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館
・まつだい「農舞台」
・奴奈川キャンパス
・越後松之山「森の学校」キョロロ
・越後妻有「上郷クローブ座」、香港ハウス

お問い合わせ窓口

「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。