【7/5更新】FC越後妻有 初のホームゲーム開催!

2021/6/28

お問い合わせ窓口

いつもFC越後妻有をご声援いただき、誠にありがとうございます。FC越後妻有は今年度から「北信越2部女子サッカーリーグ」に参戦中です。現在2試合実施され、1敗1分と厳しい戦いが続いていますが、選手たちは北信越リーグ初勝利に向け、毎日練習に励んでいます。そしてこのたび、当間多目的グラウンド(十日町市)にてホームゲームを開催します。ホームタウン十日町市で試合を開催できることに感謝し、皆さまに良いニュースをお届けできますよう精一杯試合に挑みますので、応援のほどよろしくお願いいたします!

※一般の方は無料(予約不要)で観覧いただけます。
※新型コロナウィルス感染防止の為、延期となる可能性があります。


みんな集まれ! FC越後妻有観戦ツアー

ホームゲームに合わせてFC越後妻有観戦ツアーをご用意しました。このツアーでは芸術祭のアート作品をご覧いただくだけでなく、FC越後妻有今年度初のホームゲームとなる当間多目的グラウンドでの試合をご観戦いただけます。ユニフォームはツアー中やオンラインショップにてご購入いただけます。


会場販売グッズ

FC越後妻有 オフィシャルユニフォーム 販売

HOMEの白は雪とお米を、AWAYの深緑は自然豊かな里山を、添えられた稲の葉は選手を支えるサポーターを表し、胸に輝く11の稲穂は、ピッチで輝くFC越後妻有の選手たちをイメージして、グラフィックデザイナー・佐藤卓率いる㈱TSDOがデザインがしてくれました。 選手も着用しているこのユニフォームを着て、FC越後妻有を応援しましょう!
価格:1万円(税込)
サイズ:S、M、L

2020年度産 コシヒカリ「大地の米」精米3合(限定15個)

FC越後妻有の選手が耕作した「大地の米」。棚田で取れたお米で、売り上げの一部は棚田保全資金になります。昼夜の寒暖差が激しく、山の雪解け水など豊かできれいな水が生み出す米は、味も抜群です。甘味と粘りのあるコシヒカリは、冷めてもおいしくお弁当におススメです。※写真はイメージです

価格:540円(税込)

2021年まつだい棚田バンク(標準コース・小口コース)

FC越後妻有の選手が携わる「まつだい棚田バンク」は、新潟県十日町市の松代エリアを中心に、過疎高齢化で担い手のいなくなった棚田を維持するため、里親(棚田オーナー)を募り、お米づくりをする制度です。毎年田植え、草刈り、稲刈り体験イベントを開催。里親は任意でイベントに参加でき、秋に配当米を受け取ることができます。
配当米(精米):標準コース 約30kg、小口コース 約6kg
価格:標準コース46,200円、小口コース 13,200円(税込)

 

大地のおかず 山くるみ味噌・ふきのとう味噌

越後妻有で暮らすお母さんたちが、山で働く家族のために、四季の野菜や山菜などを活かし、味噌、醤油、酢など受け継がれてきた味でつくる里山の「おかず」たち。「大地のおかず」は、越後妻有でつくられる多様な野菜などの食材と豪雪地帯で培われた様々な保存食の知恵をあわせた郷土料理・家庭料理を瓶詰め加工食品としていよいよ発売し、継承が困難になりつつある食に関する知恵を未来につなぐこと、地域の雇用につなげることを目指すプロジェクトです。

価格:山くるみ味噌 972円
ふきのとう味噌 864円


FC越後妻有

越後妻有へ移住した女子サッカー選手が、棚田の担い手として就農し、農業を学びながらトップリーグを目指してプレーする農業実業団チーム。2015年7月より活動開始。昨年度は6人で活動していたが新メンバーが加わり、現時点で12名に。
FC越後妻有(@fc.echigotsumari) • Instagram写真と動画  
FC越後妻有 (@fcechigotsumari) / Twitter
FC 越後妻有 | Facebook

≪メディアの方へのお願い≫
・当日の取材は、事前申請が必須となります。
・以下にある申請書は一般社団法人北信越サッカー協会にお送りいただき、確認書・検温報告書は当日受付にご提出ください。

Photo by Yanagi Ayumi

お問い合わせ窓口

「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。