ホセイン&アンジェラ・ヴァラマネシュ

オーストラリア

イラン生まれ、1973年にオーストラリアに移住、1977年に南オーストラリア美術学校を卒業し、オーストラリア国内や、日本、フィンランド、イギリス、ドバイ、イランなど海外でも展覧会を開催。2001年に南オーストラリア美術館で作品の調査が行われた。彼の作品は、オーストラリアの主要なパブリックアートコレクションに含まれている。2011年には研究論文「ホセイン・ヴァラマネシュ、なにもないところから」が出版された。アンジェラ・ヴァラマネシュとともに、1999年のアイルランド飢饉の記念碑、シドニーのハイドパーク兵舎を含む多くのパブリックアートの仕事を手がけた。

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。