ジミー・リャオ

台湾

1958年台湾、台北生まれ。1998年に出版されたデビュー作「森の中の秘密」「ほほえむ魚」を皮切りに、台湾のベストセラー絵本作家として活躍。絵を言語にみたてた斬新な方法で、詩的で魅力あふれる作品を数多く発表し、アメリカ、ヨーロッパ、日本、韓国、タイ等20以上の言語に翻訳されている。また、英語の絵本も共著していて、Joyce Dunbarとの‶The Monster Who Ate Darkness”やJerry Spinelliとの‶I Can Be Anything!”などがある。音楽CDや、映画化やミュージカル化された作品も数多くあり、2011年には“Starry Starry Night”が映画化された。

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。