中谷ミチコ

日本

1981年東京都生まれ、三重在住。2010年VOCA展奨励賞受賞、2012年ドレスデン造形芸術大学Meisterschülerstudium 修了。凹状に彫り沈めた石膏に透明樹脂を流し込んだ、半立体のレリーフ作品を発表。「イメージのあり方」を模索することをテーマに、各作品の連続性や関係性を意識した空間展示を行う。2014年より祖父が住んでいた三重県の空家に引っ越し、工場を改装した「私立大室美術館」で毎年敬老の日限定で作品を展示するプロジェクトを実施している。

 

撮影:Adam Dreessen

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。