大谷桜子

日本

1998年神奈川県生まれ。多摩美術大学美術研究科修士課程彫刻専攻修了。主に陶を用いて制作している。極めて薄く細い、耐用性のない形に着目し、陶土の可能性について研究している。また、布や糸・綿といった柔らかく繊細な素材と陶を組み合わせ、新たな表現を模索している。素材が好きで、現在は膠とガラスに興味を持っている。

作品紹介

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。