笠原由起子+宮森はるな

日本

笠原由起子
1959 宮城県生まれ
[主な作品 展覧会、プロジェクト、ワークショップなど]
2018「植物譜書 Plant Record/Earth Book」文山区永建小学校(台北)
2017「Earth Book」国立陽明大学附属病院with福山植物園(宜蘭)
2017「ユリの来歴」トキアートスペース(東京)
2013「植物図鑑を作ろう」脇田美術館(長野)
2011「氷河期の森のレリーフ展」地底の森ミュージアム(仙台市富沢遺跡保存館)
2010「天の果実」新たな共生の芸術を求めて ギャラリー志門(東京)
2009「Earth Book」水と土の芸術祭 石油の里公園蔵 新潟県立植物園
2003「松之山の植生」森の学校キョロロ 大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ
2002「手で見る森のかたち」長野県辰野美術館
2000「松之山の植生」松之山ステージ 大地の芸術祭越後妻有アートトリエンナーレ
1998「白神山地周辺の植生からコアゾーンを探る」秋田県立大学生物学部(秋田) 他
1996「メタモルフォーゼ-場の記憶-」プロジェクトを開始 森の散策を始める

宮森はるな
1958 福島県生まれ
編集者「音楽専科」工芸美術誌「かたち」「グラスandアート」など雑誌、書籍作りに携わる

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。