カクラ・クルクル・アット・ツマリ

公開終了

作品情報

作品について

妻有の棚田を見て、作家は故郷インドネシアを思い出し、田んぼを作品設置場所に選んだ。作家にとって田んぼは、故郷の平和と60年代にバリの人びとが耐え忍んだ紛争の怒り、両義的な意味合いを持つという。田んぼに象徴される平和な美しさの背後には、さまざまなドラマがあるというメッセージがこめられた作品。バリの農家の人びとがつくる伝統的な風車は、妻有の風に吹かれてカラカラとさわやかな音を響かせ、棚田の風景に溶けこんでいた。

作品情報

作品番号 N036
制作年 2006
エリア 中里
集落 清田山
マップコード 253280232*81
公開期間 終了
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。