アース・ライス―大地の米―

公開終了

作品情報

作品について

米は三大穀物のひとつであり、「幸福・豊穣・子孫繁栄」の象徴ともされてきた。作家は妻有で収穫された米を使って世界地図(=大地)をつくった。米は地域の人びとに提供してもらったものである。当初は、白米を樹脂で固める計画であった。しかし農家の人にとって、米は大切な生活の糧。作家も米作りを体験するなかで意識が変化し、会期終了後も有効に使える方法で展示された。会期後、米は地域住民とのパーティーで、パエリアとして振る舞われた。

作品情報

作品番号 K036
制作年 2006
エリア 川西
集落 野口
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。