東アジア芸術村センター ードラゴンの迎える場

公開終了
Photo by Osamu Nakamura

作品情報

作品について

辰年にちなんだドラゴンの展示がされる空間で、芸術祭の来訪者を迎え入れる案内所を地元住民とともに運営。料理研究家の坂田阿希子プロデュースによるカフェでは、アジアの食をふるまう。 ドラゴンカフェ
営業時間:11:00~16:00(芸術祭会期中のみ開館。無休)
主なメニュー
魯肉飯
津南ポークカツサンド
オリジナルジンジャエール
本場中国茶
ジャスミン,ロンジン,鉄観音など
中国から取り寄せたぬいぐるみやトートバック、ドラゴンに関連したかわいいグッズ、そして中国茶なども多数ご用意しています。
助成=伍集成文化教育基金有限公司
協賛=Sef Lam, Phillip Tang and Maria Tang
無料WiFi使えます。 (2012年8月上旬より、大地の芸術祭期間中)

作品情報

作品番号 M034
制作年 2012
エリア 津南
集落 上野公民館
マップコード 790614787*72
公開期間 終了
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。