自然と文化の出会う公園/室野プロジェクト2012 "希望の森”

公開終了

作品情報

作品について

2003年、メキシコ人アーティスト、ホルヘ・イスマエル・ロドリゲスは、新潟県十日町市室野の山間にあるその小さな池のほとりに大地・火・水・空気・時をあらわす、チャネケ(妖精)と宇宙を映す黒曜石の彫刻を設置した。 しかし、厳しい自然が猛威を振るう。2度にわたる地震は大地を崩し、樹を裂き、大雪は若い桜の木をなぎ倒した。30人以上いた村の子供たちは、今では10人をきる。それでも村人たちは自然と共生するため、互いに信じ助け合い、彫刻の石球が地震で転がり落ちるたびに修復した。 「春の訪れが幸せ」という彼らにロドリゲスは感嘆する。「ここは、世界にひとつしかないおとぎの村」。厳しい季節を越えた村は今、幸せに満ちている。そして彼はこの地を「希望の森」と名付けた。

作品情報

作品番号 D106
制作年 2003 2012
エリア 松代
集落 室野
マップコード 298082555*15
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。