黄金の遊戯場

公開休止中
不定期開館(冬期休館)
Photo by Nakamura Osamu
Photo by Kioku Keizo
Photo Nakmarura Osamu

作品情報と地図

作品について

豪華絢爛な遊戯場が出現。日用品や工業品などすべてのパーツを金色に塗装した黄金の遊戯場だ。鑑賞者は実際に遊べ、麒麟や鳳凰が遊びを見守り、狼男や人魚も現れる。 2015年夏には、ワークショップ「黄金の遊戯大会」を実施した。また2018年、2022年のトリエンナーレにあわせて進化し、懐かしいゲーム機やスロットマシーン、仏像、家具、中国の置物、ネオン、シャンデリア、伎楽面から自由の女神、ベトナムの水上劇の人形、ギリシャ彫刻、大黒天・泰西名画などありとあらゆるものが天井・壁・部屋にぎっしりと所を得て収まっている。2023年には、そこに釣り堀やベーゴマ競技場、ガチャガチャが出現。

作品情報と地図

作品番号 D320
制作年 2015 2018 2022
時間 10:00-17:00(10・11月は16:00まで)
料金 個別鑑賞券一般300円、小中150円(期間によっては作品鑑賞パスポートや共通チケットを販売)
休館 平日(冬季は休館)
エリア 松代
集落 松代
マップコード 298178767*88
公開期間 不定期開館(冬期休館)
場所 新潟県十日町市松代2061
備考

マップコードは、最寄りの駐車場です。

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。