山の肚

公開終了
2024/7/13-11/10(祝日を除く火水定休)

作品情報と地図

作品について

山奥の洞窟から描き出される、狩猟民と動植物の関係性
絵画作家として、東北の狩猟・マタギ文化に関わりながら制作を続ける作家は、秋田から同地に至る人や動植物の変遷をたどるリサーチを経て、かつてマタギたちや動植物との間に内在した「語られざる物語」を可視化していく。題材となるのは、山深くの休憩地として人や動物に使われてきた、リュウと呼ばれる洞窟。マタギの集落の古材を使用した構造物と、熊くまにかわ膠による壁画を制作し、山里の過去と未来のあわいをイメージさせる展観を行う。

作品情報と地図

作品番号 M095
制作年 2024
時間 10:00~17:00(10・11月は16:00まで)
料金 [アケヤマ入館料]一般800円、小中学生400円
※期間によっては作品鑑賞パスポートや共通チケットを販売
休館 祝日を除く火水定休、冬季
エリア 津南
集落 大赤沢
マップコード 790 167 420*18
公開期間 2024/7/13-11/10(祝日を除く火水定休)
場所 新潟県中魚沼郡津南町大赤沢丁154(旧津南小学校大赤沢分校)
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。