清水プロジェクト: ジャパン・フォーカス・ライブラリー 2024+秋山ブク「シチュエーションズ 8番」+Café Bricolage

公開中
2024/7/13-11/10(祝日を除く火水定休)
「エディション・ノルト|ファクトリーdddd:被包摂、絡合、派生物/|会場構成|秋山ブク|シチュエーションズ 7 番:京都 ddd ギャラリーの備品による」京都 dddギャラ リー/2023
Photo Kioku Keizo
Photo Kioku Keizo

作品情報と地図

作品について

《清水プロジェクト: ジャパン・フォーカス・ライブラリー 2024+秋山ブク「シチュエーションズ 8番」+Café Bricolage》2024

〇ジャパン・フォーカス・ライブラリー 2024
2018年ベルリン・アート・ブック・フェア「Miss Read」の日本特集を端緒とする日本のインディペンデント・アート・ブックのアーカイヴ「ジャパン・フォーカス・ライブラリー」を、2022年パーマネントなライブラリー&ショップとして展開。2024年、さらに新たなコレクションを加え、展示販売を行う。また、量産されていないまたは量産前の、マーケットに出回らないアート・ブックをプロトタイプ・ブックと位置づけ、コンペティション「プロトタイプ・ブック・アワード」を開催し、その受賞作を展示する。

〇秋山ブク「シチュエーションズ 8番」
edition.nordのその場にあるものだけで構成し、会期中その場の機能の変化とともに空間を変容させていく、
ワーク・イン・プログレスのシリーズ「シチュエーションズ」を、妻有アーカイブセンターの
旧食堂を中心に行なう。edition.nordの「Japan Focus Library 2004」「Prototyoe Book
Award」の展示やカフェ機能と関わりで、会期中4-5回空間構成を変化させます。小学校だった施設の物品を記憶のオブジェクトとして扱うだけでなく、アーカイヴ施設の物品と、芸術祭での営みが入り混じることで、その場が担っている複合的な様相を現出させる。

■秋山ブク
2001年より、「コンポジション」シリーズとして、ギャラリー、店舗、倉庫、公民館、屋外公
園、催事場、図書館などのその場にある備品だけで即興的に空間を構成する作品を作り続けてい
る。2016年より、一旦構成した作品を会期中に、自ら、あるいは協働者の力を借りて何回も組み直す「シチュエーションズ」を始める。近年の展示に、「コンポジション 21番:BnA Alter Museumの備品による」販売版/グループ展「連続するプロジェクト/インスタレーションを所有する」(BnA Alter Museum、2023)、edition.nordとの協働による「 シチュエーションズ 7番:京都dddギャラリーの備品による」(京都dddギャラリー、2023)がある。

〇Café Bricolage by edition.nord
※7/13-8/12(火水定休)11:00~15:00のみOPEN
気軽に立ち寄れるスタンドのようなカフェを展開。その時々の採れたて野菜をメニューに取り入れ、冷たいドリンクとともにお楽しみいただけます。山の風が吹き抜ける食堂室やグラウンド、清水の棚田を眺めながらetc…お好きな場所で気軽にひと休みいただけます。

■メニュー
・地元の採れたて野菜(茹でたトウモロコシ、冷たいカットトマト、キュウリとポッポロ漬けetc..)
・肉類のデリ
・ドリンク(コーヒー、野生の紅茶、ジャスミン、ウーロン茶、フルーツソーダetc..)
・スイーツ

作品情報と地図

作品番号 D358
制作年 2022 2024
時間 10:00~17:00(10・11月は16:00まで)
※Café Bricolageは7/13-8/12(火水定休)の11:00~15:00ごろのみOPEN
料金 [妻有アーカイブセンター個別鑑賞料]一般600円、小中学生300円
(期間によっては作品鑑賞パスポートや共通チケットを販売)
休館 祝日を除く火水定休、冬季
エリア 松代
集落 桐山
マップコード 253 870 084*54
公開期間 2024/7/13-11/10(祝日を除く火水定休)
場所 妻有アーカイブセンター 新潟県十日町市清水718
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。