霧神楽

公開休止中
7/30(土)~9/4(日)の火水以外
Photo Kioku Keizo

作品情報と地図

作品について

霧を用いた作品「霧の彫刻」が、MonET中央の回廊に囲まれた大きな池を舞台に、レアンドロ・エルリッヒ作「Palimpsest: 空の池」(p.66)の上に制作される。人工的な装置によって発生させた霧で作られる作品は、「霧の彫刻家」や「霧のアーティスト」と呼ばれる作者の代表的なシリーズであり、1970年から世界各地で発表を重ね、大きな反響を呼んでいる。気象条件など様々な要素によって変化する白い霧は、外から見るだけでなく、その中へと実際に立ち入ることが可能だ。鑑賞者は常に変化し続ける作品そのものに包み込まれ、五感の変化を体感しながら楽しむことができる。

作品情報と地図

作品番号 T420
制作年 2022
時間 【2022年4月29日~11月13日】
10:00-18:00(最終入館17:30)
料金 個別鑑賞券一般1,500円 ※公開日のみ(MonET入館料)もしくは、作品鑑賞パスポートをご購入ください。
エリア 十日町
集落 MonET
マップコード 140 181 228*14
公開期間 7/30(土)~9/4(日)の火水以外
場所 越後妻有里山現代美術館 MonET(新潟県十日町市本町6-1)
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。