【富山妙子】大地の芸術祭2000-2022 追悼メモリアル ― 今に生きる越後妻有の作家たち

公開休止中
公開中止
Photo Miyamoto Takenori+Seno Hiromi

作品情報と地図

作品について

日本の戦争加害の問題に画業を通して生涯取り組んだ。第4回大地の芸術祭で《アジアを抱いて―富山妙子の全仕事展1950-2009》を開催。日本の美術界では周縁を生きざるを得なかったが、いずれこの時代の日本最高の画家として評価されるだろう。

作品情報と地図

作品番号 T441
制作年 2022
時間 【2022年4月29日~11月13日】
10:00-18:00(最終入館17:30)
料金 個別鑑賞券1200円(MonET入館料)もしくは、作品鑑賞パスポートをご購入ください。
エリア 十日町
集落 MonET
マップコード 140181288*60
公開期間 公開中止
場所 越後妻有里山現代美術館 MonET(新潟県十日町市本町6-1)
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。