「関係 - 黒板の教室」(教育空間)

公開中
通年公開(祝日を除く火水定休)
Photo by Nakamura Osamu
Photo by Kioku Keizo

作品情報と地図

作品について

まつだい雪国農耕文化村センターの内部空間に設置されたアートワークであり、『農耕』と『文化』を基調テーマとして取り組んだ仕事である。『農耕』では、農夫の仕事に不可欠な農具を取り上げ、農具と大地と種子の関係を芸術空間とすることを考えた。この地域の農夫が永年にわたって使用し、今は納屋や倉庫に眠っている農具を提供していただき、種子を植える農具そのものに種子を封印したのである。それらの農具は永年使用してきた農家の人々との関係が濃厚に染み付いている。「関係-農夫の仕事」は農具を使った人々とのコラボレーションである。『文化』としては教育に注目し、教室を芸術空間に変貌させることを考えた。教室全体が黒板であればどんなに楽しいだろうと思い、黒板の教室を造ることとした。「関係-黒板の教室」は、黒板を使ったすべての人々とのコラボレーションである。(「関係-農夫の仕事」は公開終了)

作品情報と地図

作品番号 D058
制作年 2003
時間 10:00-17:00(最終入館16:30)
※冬季は営業時間を短縮する場合あり
料金 [まつだい「農舞台」フィールドミュージアム券]一般1,200円、小中600円もしくは、個別鑑賞券(農舞台・郷土資料館入館料)一般600円、小中300円
※期間によっては作品鑑賞パスポートや共通チケットを販売
休館 火水定休
※火水が連続で祝日が2日以上続く場合は翌営業日を振休
※年末年始休館 2022/12/27-2023/1/4
エリア 松代
集落 松代
マップコード 298179365*35
公式サイト https://matsudai-nohbutai-fieldmuseum.jp/art/
公開期間 通年公開(祝日を除く火水定休)
場所 新潟県十日町市松代3743-1 まつだい「農舞台」内
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。