Photo by NAKAMURA Osamu

作品情報

作品について

十日町、松代方面から松之山に向かう交差点に突如現れる巨大な看板。よく見ると松之山の地図にもなっていて、会談は実際に登っていくことができる。クルメリングは、ブリキのおもちゃのような模型を作り、その雰囲気を保ったまま高さ20メートルに及ぶ巨大な作品に仕上げた。看板の文字は日本のタイポグラファーの一人者である浅葉が担当したが、ふたりは作品が完成するまで直接会ったことはない。クルメリングの作品意図を汲み取り、浅葉克己がオリジナルの字体を作り上げるプロセスにおいて、まだ見ぬ相手と精神的な一体感があったのかもしれない。オープニングの日、偶然にも作品の前でばったりと出会ったふたりは、その瞬間抱き合っていた。周囲のつつじは地元の方々が大切に育ててきたもので、クルメリングと一緒に植え付けたものである。

作品情報

作品番号 Y026
制作年 2003
料金 芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
エリア 松之山
集落 小谷
マップコード 298146185*41
公開期間 通年
場所 「池尻」の交差点近く
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。