ブラックシンボル

公開中
Photo by NAKAMURA Osamu

作品情報

作品について

越後妻有の風景に突如現れるのは、巨大な「オズボーンの雄牛」。雄牛のシルエットを模した、高さ約10mの黒色看板である。作家の母国スペインの国民的とも言えるこのシンボルは、人里から少し離れた自然のなかの高台に設置され、まるで薄っぺらい影のように、だが勇敢に佇んでいる。文化も歴史も異なるスペインのシンボルが、越後妻有の見慣れた風景のなかで何を物語るのか。これまで、歴史のなかで文明がはらむ権力の問題を扱ってきた作家が、ここに存在する看板の意味を問いかける。
©GRUPO OSBORNE, S.A.
[協力]オズボーン・グループ

作品情報

作品番号 Y106
制作年 2018
料金 芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
エリア 松之山
集落 湯本
マップコード 790822472*27
場所 十日町市松之山湯本
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。