十日町産業文化発信館 いこて

公開中
Photo by ISHIZUKA Gentaro

作品情報と地図

作品について

「森の学校」キョロロを設計した手塚貴晴+手塚由比が、木造2階建ての建物を手掛けた。かつて十日町の風物詩だった雪よけの軒下空間・雁木(がんぎ)を再現。夏は大きな蔀戸(しとみど)が上がり、開放的な建物に変貌する。

作品情報と地図

作品番号 T309
制作年 2015
時間 11:00-22:00
(日曜17:00)
料金 300円 or 芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
休館 月曜日
エリア 十日町
集落 商店街
マップコード 140151832*88
関連サイト https://ikote.net/
公開期間 通年
場所 十日町市本町5丁目39-6
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。