川はどこへいった

公開終了
Photo by NAKAMURA Osamu

作品情報

作品について

昔の信濃川の川筋が全長3.5kmにわたって、約600本の黄色い旗により再現された。かつて蛇行していた川は、ダム開発やコンクリート護岸によって姿を変え、水量や生態系に大きな影響を被って現在に至っている。

作品情報

作品番号 N008
制作年 2000
エリア 中里
集落 貝野
マップコード 253520640*30
公開期間 終了
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。