翼/飛行演習装置

公開休止中

作品情報と地図

作品について

「火葬場跡で、死と再生のために」火葬場跡地の、大きな2本の杉の木と石仏に向かい合うように置かれる1対の翼。翼のあいだの椅子に座り、自分の行きたい場所や時間、会いたい人を想像し、死後の飛行演習をする。かつてこの場所で荼毘に付された死者の魂が、炎と煙と共に天に昇って行ったように。死ぬ事は恐ろしく悲しい出来事であるが、魂は連綿と受け継がれ、物語はずっと続いて行くのではないだろうか?しして、今生きていること、生かされていることをあらためて確認できればと願う。またこの装置が、かつてここで為されていたことが忘れ去られぬよう、大きな杉の木や石仏と共に、場所の記憶を語り継ぐための手助けになることを希望します。(公募作品)

作品情報と地図

作品番号 D101
制作年 2003
料金 芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
エリア 松代
集落 犬伏
マップコード 253783290*72
公開期間 4月下旬(雪どけ後順次公開)~11月初旬
場所 十日町市犬伏
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。