田島征三『わたしの森に』がブラティスラヴァ世界絵本原画展に出展

2019/6/13

お問い合わせ窓口

絵本と木の実の美術館を手掛けた田島征三と、詩人・翻訳家のアーサー・ビナードによる絵本『わたしの森に』(くもん出版)が、「ブラティスラヴァ世界絵本原画展2019」の国内選考を通過し、作家・田島征三が日本出展作家のひとりとして選ばれました!

『わたしの森に』は、絵本と木の実の美術館の大地の芸術祭2018特別企画展「カラダのなか、キモチのおく。」で、2人の共同制作を通じて生まれた絵本。森の嫌われもの「マムシ」の視点で物語が描かれています。展覧会では、地域の暮らしや文化に着想したアーサーの詩と田島の巨大マムシが登場しました。

「ブラティスラヴァ世界絵本原画展2019」は、スロバキアで隔年に開催される世界最大規模の絵本原画コンクール。原画は2019年10月25日よりスロバキアで展示され、2020年夏からは、日本国内での巡回展が予定されています。
≫詳細はこちら(日本国際児童図書評議会HP)

「カラダのなか、キモチのおく。」展示風景(2018年夏当時)
Photo by Osamu Nakamura

お問い合わせ窓口

「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。