越後松之山「森の学校」キョロロ

photo by ANZA ï
遠藤克利「足下の水(200㎥)」photo by ANZA ï
ジェニー・ホルツァー「ネイチャーウォーク」
橋本典久+scope「超高解像度人間大昆虫写真 [life-size]」
志賀夘助チョウコレクション photo by ANZA ï
庄野泰子「キョロロのTin-Kin-Pin —音の泉」
笠原由起子+宮森はるな「メタモルフォーゼ―場の記憶—松之山—」photo by ANZA ï
橋本典久+scope「ZooMuSee」

施設情報と地図

豪雪地松之山の山中に位置する自然科学をテーマとした教育研修施設。冬は深い雪の下で潜水艦のごとく重さ2000トンの加重に耐えます。蛇のような形は周辺の散策路をイメージ。全溶接の鉄板の蛇は冬と夏で20センチ近くも長さを変えます。周辺には、豊かな自然環境が残っており、里山の生き物たちの宝庫です。フィールドを活かして、さまざまな体験プログラムを実施しています。 “キョロロ”という名は、十日町市松之山地域の田植えの季節に南国から渡ってくるアカショウビンという真っ赤なカワセミの「キョロロ・・・・・・」という鳴き声にちなんで付けられた館のニックネームです。

里山体験プログラム

松之山の豊かな自然や文化を五感いっぱいに感じられる体験プログラムを実施しています。テーマによってオーダーメイドのプログラムも受け付けています。定番の「里山の生き物探検」では、キョロロスタッフと一緒に里山に出かけ、季節に応じた里山を感じるプログラムや、生き物の採集・観察などを行います。

周辺の美人林散策は必須

その立ち姿が美しいことから、「美人林」と呼ばれる樹齢約90年のブナ林があります。雪解けの春、新緑の初夏、紅葉の秋と、季節ごとに楽しめます。珍しい野鳥も生息。

施設情報と地図

営業時間 [3-11月]9:00-17:00(最終入館16:30)
[12-2月]9:00-16:00(最終入館15:30)

火定休(祝日の場合は翌平日休館)※12~2月末は火水定休
展示替え休館:2023/7/10-14, 10/11-13, 2024/3/11-13
電話番号 025-595-8311
料金・入館料 個別鑑賞券(キョロロ入館料)一般(高校生以上)500円/中学生以下無料
関連サイト http://www.matsunoyama.com/kyororo/
住所 〒942-1411 新潟県十日町市松之山松口1712-2
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。