奴奈川キャンパス

Photo by NAKAMURA Osamu
鞍掛純一「はなしるべ」Photo by NAKAMURA Osamu
鞍掛純一+日本大学芸術学部彫刻コース有志「大地のおくりもの」Photo by NAKAMURA Osamu
コウ・ユウ「天上大風」(2018)Photo by NAKAMURA Osamu
日芸洋舞公演「蒼づつみの泪」(2019)
FC越後妻有 サッカー教室 Photo by YANAGI Ayumi
TSUMARI KITCHEN Photo by YANAGI Ayumi

作品情報と地図

2014年3月に閉校した奴奈川小学校は、地域の価値を実践的に学ぶ学校として生まれ変わります。農業をベースに、食・生活・遊び・踊りを通して、一人ひとりの得意なことを掘り起こしていくための場を開きます。校舎の内外には作品が設置され、一般参加可能な授業もあります。学食スタイルの食堂もオープン!。

特色のある教育
-都市と地域を交錯させ、保全する棚田を広げていく- 「まつだい棚田バンク」

受講生が棚田の保全に積極的に参加できるしくみをつくり、休耕田をどんどん復活させていきます。(田んぼのオーナー制度。田植え・稲刈りには参加可能。秋にお米が届くしくみ)

-女子サッカー選手による棚田保全プロジェクト-
「FC ECHIGO-TSUMARI」が始動!

都市の女子サッカー選手が、棚田の担い手として移住・就農し、プレーする農業実業団チーム「FC越後妻有」。 好きなサッカーに打ち込みながら里山で暮らすライフスタイルの提案であり、過疎高齢化で担い手不足の棚田を維持し、里山の風景を守る課題解決型プロジェクトです。 また、FC越後妻有は、コーチやトレーナー、選手などの人材を活用して地域住民のための地域スポーツクラブとして、交流や遊びとしてのスポーツ、健康維持増進のための運動の機会も提供していきます。

-地域・世代・ジャンルを超えた多種多様な人たちの学び舎へ-

奴奈川キャンパスは、これまで40回以上開催されてきた東北・都市・地域の子供たちがともに学ぶ「越後妻有の林間学校」、都市から里親を募り休耕田の耕作を行ってきた「棚田バンク」の新たな活動拠点に。「新潟県立十日町高等学校松之山分校」の高校生たち、香港の中学生も棚田の保全活動を行いながら、自分の「得意」を掘り起こしていきます。

施設情報と地図

営業時間 10:00-16:00
電話番号 025-594-7101
料金・入館料 一般500円、小中250円
関連サイト https://www.facebook.com/nunagawa.campus/
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。