【6/26(日)限定】ALL津南×86B210パフォーマンスコース

【6/26(日)限定 越後湯沢駅発着】
自然豊かな越後妻有の中でも、とりわけダイナミックな里山の環境を誇る津南町に特化した「ALL津南ツアー」と、「上郷クローブ座」で行われる86B210によるパフォーミングアーツを両方楽しめるツアーを1日限定で運行。昼食は秘境・秋山郷の廃校を活用した「かたくりの宿」にて、山の恵みを贅沢に使ったツアー限定メニューを頂きます。今年2月には観測史上1位の積雪量を記録した津南町の新緑とともに、アートと自然の大融合を体験してみてはいかがでしょうか。初めての方や一人旅としても、お気軽にご参加いただけるガイド付きのバスツアーです。

作品情報と地図

9:30 越後湯沢駅(東口バスターミナル) 集合/出発
40分
10:15 紙からつくる世界(芸術祭2022新作)
早崎真奈美「Invisible Grove〜不可視の杜〜」
菌や植物などの顕微鏡イメージを拡大し、紙から切り出し作成したオブジェを森や宇宙などのマクロなイメージを重ね合わせています。角度によって見え方が変わり、平面でありながら立体的に空間を浮遊する作品。

20分
11:00 先人の努力の結晶を、今も受け継ぐ
結東の石垣田(散策)
秋山郷の大地は岩が多く、田んぼを開くには相当の苦労が伴いました。地中の岩を積み上げて作った石垣田は、「津南のマチュピチュ」と言われるほどの美しさがあります。昼食のお米もここで作られました。
5分
11:40 秘境の廃校にて、心安らぐ贅沢ランチ
秋山郷結東温泉 かたくりの宿
地元の子供たちを見守り続けた小学校を改築した宿。豊かな自然や歴史に魅せられこの地に移住してきた若いスタッフが、自然の恵みがつまった独特な山の食材を工夫をこらした献立でふるまいます。館内では遊べる作品も公開しています。
30分
13:00 使われなくなった地下ゲートボール場が水族館に(芸術祭2022新作)
加治聖哉「廃材水族館:竜ヶ窪」
竜ヶ窪温泉 竜神の館の地下に、等身大のホホジロザメやイワシの群れが泳ぎ、タカアシガニが歩く水族館が出現。材料は地域の工務店や製材所から木廃材を貰い受けたものを活用しています。
15分
13:35 集落にそっと寄りそう作品を体感する
キム・クーハン「かささぎたちの家」/ グァン・ファイビン「時を越える旅」
「かささぎたちの家」は、土、砂、火、木を基本材料とした陶の家。作家がこの地で感銘を受けた景色の数々と「森羅万象、還地本處」の物語が描きこまれた家はすっぽり窯で覆われ、家ごと約1ヶ月焼かれて完成しました。「時を越える旅」は、お年寄りが集う集落のゲートボール場脇にある屋外作品。風で回転する丸い鏡は手で動かすことも可能です。
5分
14:10 集落と山を音の線で結ぶ空き家作品
アン・ハミルトン「Air for Everyone」
かつて板金屋が暮らしていた空き家で展開される作品。家でベルやベルを飛ばす不思議な道具を作る職人を想定し、職人の仕事場を制作しました。見えない人々の気配を感じさせるインスタレーションです。
5分
15:00 国内外で活動する前衛舞踊デュオ(芸術祭2022新作)
86B210「震える空~Vibrating Sky」(パフォーマンス作品)
テグスの空間インスタレー ション内でのパフォーマンス。 物理学の観点から、モーション(動き)とエモーション(感情) が世界にまで共鳴して行くことを提示します。弾かれる振動で音を奏でるテグスは、空間に浮かぶ大きなインスタレー ションの楽器となります。
16:00頃 海外交流とパフォーマンスの拠点作品を1度に楽しめる
香港ハウス/越後妻有「上郷クローブ座」(芸術祭2022新作あり)
香港ハウスは、香港との文化交流拠点となる滞在制作兼ギャラリー施設。この夏も地元と香港の住民が交流して作品が完成しました。上郷クローブ座は、廃校となった中学校をリノベーションした、大地の芸術祭におけるパフォーミングアーツの拠点。昨年に先行公開を行った作品をこの春からも展示しています。
20分
16:45 風でたなびくカーテンと越後妻有の美しい風景を
内海昭子「たくさんの失われた窓のために」
窓から見える風景を通して、外に広がる越後妻有の里山をもう一度発見するための窓。
新緑に彩られた津南方面の台地を眺めながら、初夏の風を感じてみてはいかがでしょうか。
35分
17:30頃 越後湯沢駅(東口バスターミナル) 到着/解散
ご注意点

※整備されていない道を歩くシーンがありますので、歩きやすく滑りにくい靴と動きやすい服装でお越しください。

※天災や道路状況により、旅程を変更または中止する場合があります。

※コロナウイルスの感染拡大状況によりツアーの販売・運行を中止する場合があります。大地の芸術祭のガイドラインに従い、実施の判断を行います。

※ご参加に当たり現地でのコロナウイルス感染対策へのご協力をお願いいたします。

※バスは座席指定をさせていただきます。別のお申込みでお連れ様がいらっしゃる場合は備考欄への入力をお願いします。

※ご希望の方は最後の立ち寄り作品での途中下車が可能です。バスが増便の際は立ち寄り作品の順番が変更となることがありますので、途中下車を希望される場合はお申込み時の備考欄にご入力をお願いいたします。

※終着地への到着時間が前後する場合があります。お帰りの新幹線は、余裕を持った時間でのご予約をお願いいたします。

開催概要

日程 2022年6/26(日)
料金 一律 13,000円(バス代、昼食代、ガイド代、イベントチケット代、消費税)
※ご参加にあたり別途作品鑑賞パスポートが必要となります。お持ちでない方は、ツアー購入時に併せてご購入をお願いいたします。
締切 催行当日00:00(午前0時)
始点/終点 越後湯沢駅東口バスターミナル
交通手段 貸切バス(森宮交通株式会社)
定員 20名(最少催行人数:1名)
主催 旅行企画・実施:新潟県知事登録旅行業地域-440号 NPO法人越後妻有里山協働機構 新潟県十日町市松代3743-1(一社)全国旅行業協会正会員025-761-7749/tour@tsumari-artfield.com

備考

・ガイド同行のみ、添乗員は同行しません
・こちらの旅行条件書をご確認の上、ご参加をお願いいたします。

NPO法人越後妻有里山協働機構 旅行条件書

NPO法人越後妻有里山協働機構 標準旅行業約款

【お問合せ】

TEL:「大地の芸術祭の里」総合案内所025-761-7767(9:00-18:00/火水休)または、芸術祭実行委員会事務局025-757-2637(9:00-18:00)
MAIL:tour@tsumari-artfield.com

個人のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。