Photo by MIYAMOTO Takenori + SENO Hiromi

作品情報

作品について

集落の小さな公園に現れた大きな門。台湾では、質素な家でも門だけは立派につくられるほど重要な「顔」。上部には台湾の伝統工芸、交趾焼きによる色鮮やかな陶俑が踊る。神々の物語に縁取られた門は文化の境界となり、奥にはブロンズの水牛が姿を覗かせる。水牛は台湾の農業に象徴的な存在。門の正面には、集落のある日の物語が描かれている。古くからの日本の暮らしを残す穴山集落にできた門は、台湾の文化に繋がる入り口である。

作品情報

作品番号 M028
制作年 2009
料金 芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
エリア 津南
集落 穴山
マップコード 579898485*85
公開期間 4月下旬(雪どけ後順次公開)~11月初旬
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。