鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館

公開休止中
11/28(月)までの火水以外
Photo by Miyamoto Takenori + Seno Hiromi

作品情報と地図

作品について

廃校になった真田小学校が舞台となった。実在する最後の生徒3人が主人公となり、空間を使った絵本のように構成された。校舎中に配したオブジェは伊豆半島の海辺と日本海で集めた流木や木の実などの自然物に絵具を塗ったものである。入り口には水で動くやぎのかたちをした巨大な鹿威し。これは校舎内のオブジェが動く原動力となっている。作家は、かつてこの学校で活き活きと生活をしていた生徒や先生、おばけまでをも再現しようとした。

【設計=山岸綾、久保田街香】

#1「空間絵本」/越後妻有のサイトスペシフィックな作家たち interviewed by 北川フラム

撮影:山岡信貴(映画監督)

作品情報と地図

作品番号 T173
制作年 2009
時間 4-9月10:00-17:00 /10-11月10:00-16:00(2022/11/14-28 は最終入館30分前)

※火水定休(火水が連続で祝日が2日以上続く場合は翌営業日を振休)
※冬季休館:11月末~4月下旬(2022年は11/28まで営業)
料金 一般800円、小中400円
休館 火水
エリア 十日町
集落
マップコード 253698107*74
公式サイト https://ehontokinomi-museum.jp/
公開期間 11/28(月)までの火水以外
場所 新潟県十日町市真田甲2310-1
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。