手をたずさえる船

公開休止中
春-秋(祝日を除く火水定休)
Photo Nakamura Osamu

作品情報と地図

作品について

カバコフがデザインした船の上で、世界中の子供たちの絵を組み合わせて帆をつくり展示するプロジェクト。今回はその船の模型を展示する。

本プロジェクトの船の帆は、民族や社会的背景の異なる数百人の各国の小学生が描いた絵を縫い合わせたもので、寛容さと希望のメッセージを伝えるもの。子どもたちは、この船の制作に参加することで、異なる文化や考え方を尊重し、自分たちとの違いを認めることを学ぶ。これまで、エジプトやイタリア、スイス、アラブ首長国連邦、アメリカ、キューバ、ロシアなどで11回実施されている。(「The Ship of Torelance」公式HPより)

降雪の影響により公開終了となりました。ご来場を楽しみにしていたお客様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
2023年11月25日

作品情報と地図

作品番号 D366
制作年 2021
時間 10:00-17:00(10・11月は16:00まで)
点灯:日没~21:00
料金 [まつだい「農舞台」フィールドミュージアム券]一般1,200円、小中600円もしくは、[個別鑑賞券(手をたずさえる塔入館料)]一般500円/小中250円
※期間によっては作品鑑賞パスポートや共通チケットを販売
休館 祝日を除く火水定休、冬季
エリア 松代
集落 城山
マップコード 298179159*06
公式サイト https://matsudai-nohbutai-fieldmuseum.jp/art/
公開期間 春-秋(祝日を除く火水定休)
場所 まつだい「農舞台」(新潟県十日町市松代3743-1)周辺
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。