Photo by T.Kuratani

作品情報と地図

作品について

2003年に同じ場所で作品を展開した作家。再び計画を詰めるために作家が現地を訪れたのは記録的な大雪となった2006年の冬だった。そこには2003年に見たのとは全く異なる風景と雪に閉ざされた学校があった。5ヵ月もの間深い雪に閉ざされる地域を、作家はそのとき実感したのかもしれない。場の記憶を建物の中に密度濃く、重く閉じ込めた作品となった。一般公開に先立って行われた集落向けの内覧会には地域のお年寄りが多く参加した。その際、地域・学校にまつわる物を持ってきてもらった。それらはエントランスから最も奥にある小さなスペースにひっそりと集められている。

2009年3階の空間をリニューアルし、カーテンを増やして仕切り直し、印象を一変させた。また期間限定で古着を積み重ねたインスタレーションを実施したり、作品とは別で、作家が世界各地で進める心臓音を採取するプロジェクトのブースが設置され、50日で416人の心音を採取。集まった音は、2010年の瀬戸内国際芸術祭で展開する作品へと繋がった。

【スポンサー=福武總一郎】

作品情報と地図

作品番号 Y052
制作年 2006
時間 10/31までの土日祝のみ公開/10:00-17:00(最終入館16:30)
料金 一般800円、小中400円芸術祭・四季プログラム会期中は作品鑑賞パスポートまたは共通チケットを購入ください
休館 不定期会館
エリア 松之山
集落 東川
マップコード 253511759*64
場所 新潟県十日町市松之山東川192(旧東川小学校)
備考

駐車場10台

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。