クリスチャン・ボルタンスキー

フランス

1944年フランス、パリ生まれ。失われたものや記憶、幼年期や死をテーマに扱い、古い写真やポストカード、古着など、日常の中から収集したものを用いたモニュメント的なインスタレーションを手がけ、現実と虚構を行き来するかのような作品を制作する。主な作品収蔵先に、ニューヨー
ク近代美術館、テートギャラリー、ポンピドゥー・センターなど。

他の作品・作家

つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。