新潟から世界を捉え、21世紀の美術を考える
大地の芸術祭公式WEBマガジン

運営 / 越後妻有の舞台裏から

直接会えない今、作品を通して交流を 中国ハウスプロジェクト2020夏「風の記憶」

13 August 2020

2016年からスタートした中国ハウスプロジェクト。今年度は、新型コロナウイルスの影響を受け、アーティストの滞在制作はできませんでしたが、この夏、中国から作品を届けてくれました。展覧会を企画したHUB ARTより、「『風の記憶』というテーマを通して、時空の枠を超えて、アートで日本と中国の両国をつなぎたい」と、メッセージをいただいています。

展覧会は8月8日(土)にオープンし、16日(日)まで期間限定公開します。ここでは、5組の若手アーティストによる各作品をご紹介します。ぜひこの機会に、奴奈川キャンパスへ足をお運びいただき、”風”を体感してください。


Homer & Dreamer「見えた」

Photo by NAKAMURA Osamu

教室の入り口から窓辺まで配置した五重の暖簾にイラストが描かれています。暖簾は風で揺れ、窓の外の集落の風景が透けてみえます。夏の風を軽やかな質感で表現します。


王一山「記憶の冷凍」

Photo by NAKAMURA Osamu

作家の成長過程にまつわる物を冷凍し写真に収めた作品。昔の恋人の証明写真やお爺さんの時計などの記憶が冷凍保存されています。


陳簡「三喜の夏」

Photo by NAKAMURA Osamu

ネコの「三喜」(サンシー)を通して、アモイの生き生きとした様子と、東南アジアとの間の交流から生まれた昔ながらの地域の特徴を再現。ゴム版画の体験コーナーも。映像を見ながら作品づくりに挑戦してみてください。


夢廠DREAMER FTY「気象シリーズ『虹』、『霧』、『風』」

Photo by NAKAMURA Osamu

杭州の出版社によるアートブックを展示公開します。本の素材や質感もあわせて、お楽しみください。


mafmadmaf「残された旅の初日」

作家が2018年夏に越後妻有を訪れた際に、サウンド付き記録映像を制作。その作品をモニターで上映します。数分間、ゆっくりとした”旅”を体験してみてください。


OPEN WINDOWこどもアートプロジェクト

Photo by NAKAMURA Osamu

中国の子供たちの描いた絵が、奴奈川キャンパスに届きました。絵にはそれぞれ、作者の名前と年齢が記されています。
直接の交流ができない今、ぜひ、ハガキにメッセージをかいて、絵を描いた子供たちに届けてみませんか。

オープン4日目、すでにたくさんのメッセージをいただいています。Photo by NAKAMURA Osamu

中国ハウスプロジェクト

写真は中国ハウス作品:ウー・ケンアン「五百筆」

2016年からスタートした中国ハウスプロジェクト。中国のアーティストが滞在制作し、集落と交流しながら、作品やプロジェクトを展開しています。2018年には、奴奈川キャンパス近くの空家をリニューアルし「中国ハウス」としてオープン。以降継続的に活動しています。

新着記事

編集
ART FRONT GALLERY
アソビュー!
CINRA
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。