2/15から開幕!「大地の芸術祭の里 越後妻有2020冬 SNOWART」

2020/2/13

お問い合わせ窓口

2020年2月15日(土)より、「大地の芸術祭」の里 越後妻有2020冬 SNOWARTがスタート!
会期は2月15日、16日、22日、23日、24日、29日、3月1日の7日間。
「越後妻有 雪花火」は2月29日(土)に開催。
小雪が心配されましたが、今では雪国らしい景色が広がっています。
ぜひ、お誘いあわせの上、冬の越後妻有へお越しください。

越後妻有里山現代美術館[キナーレ]で1月より開催中の「雪あそび博覧会」では、「こたつカーサーキット」やボルダリングが体験できる「受験の壁」も人気です。
会期:3月22日(日)まで(水曜休館)
≫「雪あそび博覧会」

開発好明「受験の壁」

深澤孝史「こたつカーサーキット」

「おもちBar」*土日祝のみ

YORIKO「越後妻有コラボ甘味屋台 2020冬」
*チンコロづくりワークショップ:2/29、3/1

ReBuilding Center Japan「SNOWFIELD TABLE」

まつだい「農舞台」野外会場は、巨大な「マキオ巨人」と「ドーム」でさまざまな体験ができます。「雪だるまのヌケガラ」が棚田や施設周辺にぽこぽこと出現!越後まつだい里山食堂では、人気のチーズフォンデュビュッフェランチが堪能できます。
公開日:2月15日、16日、22日、23日、24日、29日、3月1日
≫「雪あそび博覧会」

磯崎道佳「マキオ巨人と雪上散歩」

磯崎道佳「ドーム」

長谷川仁「雪だるまのヌケガラ」

堀川紀夫「第9回山ぞりまつり」

まつだい「農舞台」ギャラリーでは「まつだい棚田バンク 棚田のお米のまわり展・冬」開催中。棚田とともに暮らし、越冬するために生まれた多様な保存食文化があります。それぞれの集落に長く続く、独特な食材、保存方法、調理法を学び、展示と食体験を通して、興味深いその文化を紐解いていきます。
会期:3月22日(日)まで(水曜休館)
≫「棚田のお米のまわり展・冬」

越後まつだい里山食堂 では、保存食を生かした会期中コラボメニューを展開中!

≫2月29日(土)越後妻有 雪花火/Gift for Frozen Village 2018
≫2月29日(土)3月1日(日)「冬のチンコロづくり」
≫土日祝「おもちBar」の炭と焚火でぱちぱち食体験

越後妻有 雪花火を含む共通チケットがお得です!
≫購入・販売場所一覧はこちら

2月15日・16日は「十日町雪まつり」がキナーレで開催されるため、各種プログラム内容・営業時間が変更します。
≫変更内容はこちら

≫日程別モデルコースはこちら

3,5,10枚目:Photo by Osamu Nakamura
1枚目:Photo by Ayumi Yanagi

お問い合わせ窓口

越後妻有 「大地の芸術祭の里」総合案内所 広報担当
住所 〒948-0003 新潟県十日町市本町6越後妻有里山現代美術館[キナーレ]内
TEL 025-761-7767
Fax 025-761-7911
E-mail info@tsumari-artfield.com
大地の芸術祭東京事務局 広報担当
住所 〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町29-18ヒルサイドテラスA棟
㈱アートフロントギャラリー内
TEL 03-3476-4360
Fax 03-3476-4874
E-mail tsumaripr@artfront.co.jp
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。