SKIP SKI P BACK

開催概要

会期
7月 29日(日)~ 9月17日(月) :51日間
開催地
越後妻有地域 (新潟県十日町市、津南町) 760k㎡
主催
大地の芸術祭実行委員会
共催
NPO法人 越後妻有里山協働機構
実行委員長
関口芳史(十日町市長)
副実行委員長
上村憲司(津南町長)
名誉実行委員長
米山隆一(新潟県知事)
総合プロデューサー
福武總一郎(公益財団法人福武財団理事長)
総合ディレクター
北川フラム(アートディレクター)
クリエイティブ・ディレクター
佐藤卓(グラフィックデザイナー)
オフィシャルサポーター・リーダー
高島宏平(オイシックスドット大地株式会社代表取締役社長)

2018年芸術祭 4つのワード

コンセプト

均質空疑義

グローバル化により均質化・効率化が進み、地域の価値観が失われつつある現代において、これからの建築が担う役割、美術の力を展望する展覧会・コンサートを行います。第7回展では、四畳半から世界を見ようとした鴨長明の方丈、良寛の五合庵、宮沢賢治のイーハトーブから、改めて出発します。

Drawing by Hiroshi Hara
コンセプト

人間の土地
生まれる

農業を通して大地とかかわってきた「里山」の暮らしが今も豊かに残る越後妻有を舞台に、地球環境が危惧される21世紀のサイトスペシフィックなアート50選。

磯辺行久「作品イメージ」 Photo by ANZAÏ
コンセプト

介する人移動

海外の各国・諸機関が越後妻有に拠点をもち、国内では越後妻有と他の芸術祭の間で旅行社やサポーターが移動し、国や地域を超えて、多様な人々のアートを媒介にしたネットワークが生まれてきています。

「香港ハウス」 参考イメージ
コンセプト

人類の始原に還
企画展

5000年もの昔から、自然と向き合い、自然と親しんできた越後妻有。ラスコーやアルタミラの洞窟画にみられる、人類の原初的な美術やその暮らしを俯瞰する企画展です。

オルガ・キセリョーワ 「EDEN」作品イメージ(2018 年公開)

拠点と作品群

会場地図
津南エリ
越後妻有「上郷クローブ座」
中里エリ
磯辺行久記念
越後妻有清津倉庫美術館
川西エリ
光の館
松之山エリ
三省ハウス
松代エリ
まつだい雪国農耕文化村センター「農舞台」
十日町エリ
越後妻有里山現代美術館
[キナーレ]

ヒト・モノ・情報が交差する現代アートミュージアム

十日町の名称のもととなった節季市をイメージし、圏域全体のヒト・モノ・情報が交差する場として、京都駅や札幌ドームで知られる建築家・原広司氏が設計。豪雪地では珍しい半屋外の回廊をもつ建物が、現代アートの美術館として生まれ変わりました。地域全体がミュージアムとなった、越後妻有を廻る旅のゲートです。 → 詳細ページへ

周辺の主な施設
周辺の注目作品

雪国農耕文化とアートのフィールドミュージアム

「都市と農村の交換」をテーマに、地域の資源を発掘し発信する総合文化施設。屋内外には、約40のアート作品が点在しています。地域の歴史や風物、人間、自然を題材とした作品たちが、五感いっぱいにこの地の文化を感じさせてくれます。 → 詳細ページへ

周辺の主な施設
周辺の注目作品

アートと里の家庭料理を存分に味わえる宿

集落の丘の上に建つ築50年余の木造校舎を改築した宿。かつて教室だった空間には80床の清潔なベット(各16床、5教室)をご用意しています。施設内ではアート作品もいくつか設置されており、2018年のレアンドロ・エルリッヒの新作のひとつ「Lost Winter」(先行公開)は必見。越後妻有の冬から春へと移ろう季節を体感できる作品です。家族のために愛情を込めてご飯を作ってきた集落のお母さんたちがつくる越後松之山の家庭料理も自慢です。越後妻有 大地の芸術祭の里の四季折々を体感しに、また、合宿や研修など団体でのご利用にぜひご宿泊ください。 → 詳細ページへ

周辺の主な施設
周辺の注目作品

世界にも例を見ない、瞑想のためのゲストハウス

光のアーティスト、ジェームズ・タレルの世界で唯一宿泊できる作品。瞑想のためのゲストハウスとして構想されたこの施設は、谷崎潤一郎の『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』より着想を得、伝統的な日本家屋における親密な光に、自らが制作してきた光の作品を融合させました。 → 詳細ページへ

磯辺行久作品・最前線の大型作品も収蔵する地域の主要拠点

2015年、旧清津峡小学校の体育館をリニューアルし、「展示しながら、保管する」という新しい発想の元「清津倉庫美術館」としてスタート。都会を発表の場とする多くのアーティストが作品の保管場所に困っている現実と、空家、廃校が増え続ける越後妻有の双方の「困った」を交換し、プラスに変換しようという試みです。2017年に校舎棟もリニューアルし、磯辺行久寄贈の数多くの作品を展示。地域の地勢と暮らしをアートを通して深く知ることのできる地域の主要施設としても生まれ変わりました。  → 詳細ページへ

周辺の注目作品

レストランやレジデンスも提供するパフォーミングアーツの拠点

2012年に閉校した上郷中学校が、パフォーミングアーツの拠点として再出発します。パフォーマーのレジデンス施設であり、稽古場であり、作品発表の場としての劇場でもあります。作家たちは都会とは異なる里山に暮らし、住民との協働の中で地域に学びながら制作を行います。地域の女衆(おんなしょ)たちが運営する演劇仕立てのレストランもオープンします。 → 詳細ページへ

周辺の注目作品
前の拠点へ
次の拠点へ

見どころ

見どころ
イベンプロジェクト

11月16日 イベント追加!
001
「ゆく河の流れは絶えずして(仮)」柴田南雄 produced by Takeshi Kobayashi
詳細へ
Photo by ≪YEN TOWN BAND @ NO×BUTAI》(2015) , photo by Yoshiharu Ota
作曲家・柴田南雄の楽曲を、音楽家・小林武史がプロデュースし、弦管楽器や合唱を施した独自の編成によって新たな音楽を生み出す。<方丈記私記>展との連動コンサート
002
ネオン・ダンス
詳細へ
ステージとスクリーンを融合させたエキサイティングな舞台で知られ、国際的に活躍するダンスカンパニー。
003
サンプル/松井周
詳細へ
主宰・松井周(劇作家・演出家・俳優)が描く猥雑かつ神秘的な世界の断片を、俳優とスタッフが継ぎ目なく奇妙にドライブさせていく。
004
上郷クローブ座レストラン
詳細へ
EAT & ART TARO監修による、地域の女衆(おんなしょ)たちが運営する演劇仕立てのレストラン。
005
詳細へ
随時公開予定
006
詳細へ
随時公開予定

ツアチケット

見どころ
2018年芸術祭 オフィシャルツアー

OFFICIAL
TOUR
01
日帰りツアーの決定版!
実行委員会が勧める、2018年ガイド付き日帰りツアーの決定版。新作を中心に巡ることができ、米澤文雄シェフのランチを堪能。会期中、毎日2コース運行します。
主催:越後交通株式会社 ※1月末受付開始予定
2018芸術祭作品鑑賞パスポート
2018芸術祭作品鑑賞パスポート

会期中、各施設のアート作品や屋外作品をすべて鑑賞できるお得なパスポート。温泉や宿泊施設、イベント割引など各種優待付き。2017年11月16日より前売り(引換券)を発売します。
越後妻有オンラインショップ、各種プレイガイドでお買い求めいただけるほか、会期中は国内、または越後妻有の各所でもご購入いただけます。

 当日前売
一般3,500円3,000円
大学生3,000円2,500円
中学生以下無料無料
オンラインショップで購入
メールマガジン購読ユーザー様限定の特典

ファンクラブへ入会やふるさと納税でも作品鑑賞パスポートが特典としてついてきます。メールマガジンでさまざまな特典や芸術祭のイベントや制作秘話をお届けします。

メルマガ購読をする(無料)

越後妻有アクセス

越後妻有内の巡り方を見る

電車でのルート

東京から(約 2時間)
名古屋から(約 4時間)
JR東海道
新幹線
新大阪から(約 4.5時間)
JR東海道
新幹線
仙台から(約 3時間)
JR東北
新幹線
新大阪から(約 5.5時間)
JR東海道
本線他
JR北陸
新幹線
妙高はねうま
ライン
北陸急行
ほくほく線
金沢駅
上越妙高駅
直江津駅
長野から(約 2.5時間)
JR飯山線
十日町駅
東京駅
大宮駅
越後湯沢駅
JR上越新幹線
北陸急行ほくほく線

飛行機でのルート

札幌 新千歳空から(約 1時間)
ANA / AIR DO
東京 成田国際空から(約 1時間)
ANA
名古屋 中部国際空から(約 1時間)
ANA
大阪 伊丹空から(約 1時間)
ANA/JAL
福岡 福岡空から(約 1.5時間)
ANA/JAL/FDA
新潟空港
※時期や路線により、日に1便〜数便しかフライトがない場合もございますのでご注意ください

でのルート

東京から(約 3時間)
関越自動車道
塩沢石打ICー国道353号
塩沢石打ICー国道17号ー県道76号(砂押交差点左折)
六日町ICー国道253号
名古屋から(約 4時間)
中央自動車道ー長野自動車道ー上信越自動車豊田飯山ICー国道117号
大阪から(約 6時間)
名神高速道ー北陸自動車道・上越ICー国道253号
金沢から(約 3.5時間)
北陸自動車上越ICー国道253号
新潟から(約 2時間)
関越自動車越後川口ICー国道117号
十日町市

バスでのルート

東京 十日町駅/松代駅(約 6時間)
新潟十日町無料直通バス
「緑の直行便」(グリーンライナー)
池袋駅東口 六日町I.C.(約 3時間)
20-30分徒歩ー
路線バス約10分
新潟駅 十日町車庫前(約 2.5時間)
越後交通バス
十日町市
六日町I.C.

高速バスのご予約/お問い合わせにつきましては以下までお問い合わせください。

西武バス(株)座席センター 03-5910-2525 (9:00-19:00)
新潟交通(株)高速バス予約センター 025-241-9000 (9:00-18:00)
越後交通(株)長岡駅東口案内所 0258-34-3251(9:00-18:00)

※越後交通バスの路線については予約不要にてご利用いただけます。また、各路線ごとでダイヤ本数が異なりますためご注意ください

到着後 現地での巡り方について

「大地の芸術祭」の開催地となる越後妻有は、新潟県十日町市・津南町を中心に、土地と自然を生かした作品・施設・活動の広大な展開を行っております。
芸術祭を深く存分に味わうためには、長い日程に加えて長距離の移動が必要となるため、様々な移動手段を各地でご利用いただけるようご用意しております。

現地の各施設・拠点やサービスでご提供中の
主な移動手段

電車市バス周遊バスレンタカータクシーレンタサイクル
越後妻有の巡り方をさらに詳しく見る