新潟から世界を捉え、21世紀の美術を考える
大地の芸術祭公式WEBマガジン

特集 / 米農家インタビュー映像

豪雪の地で、米をつくり生活を営むこと

interviewed by 北川フラム

豪雪地で生きてきた先人たち。自然との関わりのなかで伝えらえ、積み上げられていった彼らの知恵と伝統を大切にし、今もこの地域で米をつくりながら生活を営む方々に敬意を払い、北川フラムがインタビューする動画シリーズをスタート。農業を軸にした雪国生活の実相を学ぶ。

ディレクター:フジノケン(株式会社N37) / 撮影・編集:森山久夫

02 November 2021

Vol.1 庭野信一(十日町市赤倉集落)

十日町市でももっとも古いと言われる赤倉集落に生まれ育ち、専業農家として米づくりをする庭野信一さん。除草剤やドローン散布など手を抜けるところは抜きつつ、楽しみながら米作りをしてきたという彼は、「自然相手なので苦しいと思ったら続かない。”大地とあそぶ” んだよ」と笑顔で話してくれた。山菜採りやウサギ追い、アート作品づくりとその後にみんなで飲むお酒--。生活の中にある”あそび”を大事にしてきた彼と北川フラムの対談。

プロフィール

庭野信一

十日町市の赤倉集落で生まれ育ち、現在、米の専業農家として、標高450~500mほどある田んぼを約2ha(収穫量9600kg)を耕作中。過去に、大地の芸術祭の赤倉での作品制作にもご協力いただく。

編集
ART FRONT GALLERY
アソビュー!
CINRA
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。