【日帰り】体験型の新作を満喫! 親子で楽しむドライブコース

【小さなお子様にもおすすめ】2024年のトリエンナーレ新作含む、子どもから大人まで楽しめる、体験型作品をご案内いたします。色とりどりの作品が多く、写真映え抜群のラインナップです。ぜひ、大切な人の素敵な一枚を撮り合ってください! 昼食は旬の食材で作られる料理のビュッフェ形式で、新鮮な味わいが魅力的です。屋内外含む作品をご紹介いたしますので、当日の体調・予定に合わせてお楽しみください。
※10月・11月は、多くの施設が16時閉館となりますので、ご注意ください。

詳細をみる

9:15 越後湯沢駅 レンタカーを借りる
45分
10:00 親子で1日楽しめる美術館
【新作】鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館
鉢集落に残る木造校舎を利用し、アーティスト・田島征三が描いた絵本「学校はカラッポにならない」が展開される空間絵本美術館。絵本の物語が校舎いっぱいに広がる。絵本に登場するオリジナルカレーや、夏にぴったりのかぼちゃアイスを味わえる「Hachi Café」や、野外に暮らすヤギ、ビオトープもお楽しみのひとつ。田島征三と水着ブランド「speedo」コラボの商品も販売中です。
25分
11:30 旬の食材を味わう、60分制の里山ビュッフェ
【新作】まつだい「農舞台」フィールドミュージアム
部屋中をチョークで落書きできる「黒板の教室」や、自然の中で心強い存在感を持つ「花咲ける妻有」など、歩いて回れる作品群で楽しめます。「大地の芸術祭」の運営に携わる、FC越後妻有がつくる棚田米も販売中です。
【昼食】越後まつだい里山食堂
大地の芸術祭の会期中は60分制のビュッフェをお楽しみいただけます。越後妻有の生きた自然が育む山菜をたっぷり使った、郷土の味や家庭料理にアレンジを加えたお惣菜が並びます。越後妻有の旬の食材を味わいましょう。
10分
13:30 五感で体験する美術館
【新作】奴奈川キャンパス “子ども五感体験美術館”
地域の価値を実践的に学ぶ学校が、”子ども五感体験美術館”として開館。木に触れて、光を捉え、音を感じるなど、五感で体験する美術館です。また、FC越後妻有の活動拠点でもあり、美しい芝生が特徴的。サッカー教室や体操教室などのワークショップも随時開催します。
30分
15:30 10/6まで期間限定アート動物園と周辺作品
ジェームズ・タレル「光の館」
屋根がスライドして天井が開き、日没後徐々に変化する空の光を眺めることができます。四角く切り取られた空は、淡い青から群青、そして漆黒へと移り変わり、私たちが普段気に留めていない光の変化を実感させます。風呂や床の間、寝室など随所に光ファイバーが仕込まれ、風呂に浸かると幻想的な光に体が包まれます。越後妻有の豊かな自然の中、様々な光と向き合う時間になります。
【新作】[企画展]Nakago Wonderland–どうぶつ達の息吹と再生
ナカゴグリーンパークの広大な芝生に、アーティストによって期間限定の動物園が作られました。ユニークかつユーモアあふれる動物をモチーフとした作品群を中心に、ワークショップやパフォーマンスなど観客参加型の作品が登場します。 ※10/6まで公開
12分
16:30 最後は越後妻有を代表する現代美術館へ
【新作】越後妻有里山現代美術館 MonET
名和晃平、中谷ミチコ、目[mé]など著名な現代美術作家の作品が並ぶ拠点施設です。回廊や中庭を全面に使った企画展「モネ船長と87日間の四角い冒険」や、気鋭のウクライナ作家の作品を展示します。たくさんの作品と、一休みできる期間限定カフェが営業中。夜間はライトアップされ、昼とは異なる静謐な世界観に浸れます。
明石の湯
企画展の作品展示も行われる明石の湯にて温泉につかり、1日の疲れを落とします。温泉から上がった後は、飲食を楽しみながら、越後妻有里山現代美術館 MonETの夜間ライトアップをぜひ! ※温泉内部に作品はありません。
45分
18:30 越後湯沢駅 レンタカー返却

開催概要

日程 7/13(土)~11/10(日)※火・水定休
始点/終点 越後湯沢駅
交通手段
備考

各地から直接お車でお越しの場合もご参照いただけます。

団体のカスタマイズツアーや旅行会社のオリジナルプランなどのご相談も、お気軽にお問い合わせください。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。