津南(つなん)エリア

どんなエリア?
津南エリアは、新潟県の南端、長野県の県境に位置しています。南に苗場山を有し、南北に流れる信濃川とこれに合流する志久見川・中津川・清津川の河川に沿って、最高9段の雄大な河岸段丘が形成されています。冬の豪雪の一方で、夏は涼風に恵まれ、高原性のさわやかな気候が続きます。このような地形、気候条件は、稲作のほかに、花卉、人参、アスパラ、とうもろこしといった畑作物の栽培も可能にしています。町の各地に縄文時代からの遺跡がみられ、河岸段丘を利用して先史時代より人々が生活を営み文化を築いてきたことがうかがわれます。
歴史
中津川の河岸段丘上の高台(川床から約160m)に位置する縄文時代中期の遺跡『沖ノ原遺跡』があります。1972年から1973年にかけて3回の発掘調査が行われ、中央に広場を持つ直径約120mの環状集落で、200戸以上の家屋が存在していたと推定されており、1978年には国の史跡に指定されました。火焔型土器のほか、打製石器や石鏃、縄文クッキーなどの出土品は、新潟県有形文化財に指定され、現在津南町歴史民俗資料館で保管・展示されています。

このエリアの作品

6つのエリア

十日町 エリア
信濃川の東側に広がる織物と農業を柱として形成された地域。少子化によって廃校となった小学校が10校以上あり、「鉢&田島征三 絵本と木の実の美術館」などの作品として生まれ変わっています。
川西 エリア
信濃川の西岸にある高さ50mの段丘上に広がる地域。ジェームズ・タレルの「光の館」や、住民によって運営されるブルーベリー園「ベリー・スプーン」をお楽しみいただけます。
中里 エリア
信濃川をはじめ、清津川、釜川、七川と水に恵まれた地域。釜川のほとりでは、ゴミ捨て場に変わり果てたかつての遊び場を、フィンランドの建築家グループ「カサグランデ&リンターラ建築事務所」が美しい公園に作り上げました。
松代 エリア
信濃川の支流である渋海川沿いを中心に広がる、周囲を山々に囲まれた丘陵地帯。棚田景観で有名な星峠集落の民家を活かした作品「脱皮する家」では宿泊体験もできます。
松之山 エリア
長野県境に位置する周囲を山々に囲まれた標高200~600mの丘陵地帯。標高700mには緑あふれる大厳寺高原もあり、四季折々の自然が訪れる人を楽しませてくれます。
津南 エリア
新潟県の南端、長野県の県境に位置する地域。木造小学校を活用した秘境の宿「秋山郷結東温泉 かたくりの宿」や縄文時代中期の遺跡があります。
つながる

最新ニュースやイベント情報、越後妻有の四季の様子、公式メディア「美術は大地から」の更新情報などを大地の芸術祭公式SNSアカウントで発信しています。